解決事例

事業資金と住宅ローンによる多額の債務を負った事例

30代の自営業の方が、事業資金のための借入や住宅ローンの返済に窮し、当事務所に相談に来られました。

自営業は廃業している一方、債権者8社、負債総額は1000万円超という状態にあり、自己破産手続を取ることになりました。

当事務所所属弁護士は、自己破産手続の準備を進めると共に、オーバーローン状態の自宅の任意売却手続に代理人として対応しました。

自宅不動産の任意売却後、自己破産申立を行いました。

少額管財事件になりましたが、最終的に免責決定を受け、多額の債務を免れることができました。

当事務所に当初相談を頂いてから約9か月で免責決定を受けるに至りました。

お問い合せ

過払金と債務整理に関するご相談は、フリーダイヤルもしくは、ホームページからご予約ください。相談料無料です。

過払金と債務整理に関するご相談は、
フリーダイヤルもしくは、
ホームページからご予約ください。
相談料無料です。

お電話からのご予約はこちら 0120-15-4640 無料相談のご予約はこちら
受付時間
9:00~17:00 -
17:00~19:00 - - -